「●活」の中で1番大事なものは「生活」である

近年、「●活」という言葉が頻繁に聞かれますね。結婚に向けてだと「婚活」、お金のやりくりだと「金活」、人生の終わりを考える際には「終活」なんてものも言われます。

私の感覚だと、就職するために行う「就活(就職活動)」はまだ分かるのですが、言葉がどんどん派生していって「え?」と思ってしまうものがあふれているように思います。

「菌活(キノコ類や乳酸菌を含む食べ物を積極的に食べる)」「温活(体温や平熱を上げる)」「朝活(早起きして出来た時間で何かしらの活動をする)」…「活」を付ければ何でもOKなのだろうか?とも思うのです。

これらの行動は決して悪いものでは無いと思います。そうすることで得られることも多いと考えられるからです。しかし、これらの行動を取るために、もっと大事な活動がありますよね。

そう、それが標題にもある「生活」です。

浪費ばかりしていながら有料の「金活」セミナーに行き続けるのは本末転倒ですし、寝不足なのに無理して「朝活」をしても身に入らないでしょう。そんな状態であれば、まずは「生活」の改善から始めるべきだと思います。

「生活」を整えたら、いつの間にか「●活」に頼らなくても済むケースもありますよね。先の例で言えば、浪費をやめたり、睡眠時間をしっかり取ったりすることなどが有効ですよね。

毎日笑顔を心がけたら、そんな姿に惹かれた方と恋をして結婚することだって、十分にある筈です。身体が冷える服装を止めて軽い運動をしていくうちに、冷え知らずになるケースもあって不思議ではありません。

一概に言えないところもございますが、目先の「●活」にとらわれる前に、まずはご自身の「生活」から見直したいものです。そこから、個別の「●活」に入るのが流れとして良いように思います。

とは言え、「生活」そのものがどうしても整わない、「生活」をする上で悩みが尽きない…などといったこともありますよね。1人で堂々巡りするようであれば、カウンセラーやセラピストなどに相談するのも一手です。

まずは「生活」を大切に。そこから心身ともに元気な状態で活動したいですね。