悩ましい色選びもペンジュラムにおまかせ!?


現在使っている合成皮革のキーケースが傷んできたため、先日、インターネットで新しいものを注文しました。注文したのは、かつて、長財布と名刺入れを作っていただいた信頼できるお店です。

今回利用したお店では、セミオーダーの本革製品を取り扱っており、革の色は13用意されています。キーケースでは4箇所、革の色を選ぶことになっていました。色を選ぶことで、同じデザインでありながら、個性的な一品を手に入れることができます。

この色選び…画面上でシミュレーションしながら決めていけるのですが、やはり迷いが出ますね。全てを同じ色にするのは少々面白みに欠けますし、今の好みの色だけで選んでしまっても、使っているうちに好みが変わってしまうのでは?と不安になることもあります。

そんな時、大いに役に立つのが「ペンジュラム」です。


ペンジュラムを使えるようになると、色の選び方が大きく変わってきます。例えば、ある色を指して「この色は使うべきですか?」と尋ねることもできますし、「全部で何色使うべきですか?」と尋ねることもできます。

更に、特定のテーマを決めて色を決めることもできます。例えば「絶対に紛失しないベストな色はどれですか?」とか「私を勇気づけるベストな色はどれですか?」などといった質問は、ペンジュラムが得意としているものですね。

私も長財布や名刺入れを注文した時に、この手法を使いました。それが今振り返ってもしっくり来るものでしたので、今回のキーケースも前回同様にペンジュラムを使いました。

ペンジュラムを使うことで、好みとは異なる色や配置になることもございます。事実、長財布や名刺入れは、その当時の私では絶対に選ばない色のオンパレードでした。ただ、そのようになった理由を考えていくと、結果的に納得でき、気に入るケースが多いです。

今回のキーケースは、ペンジュラムを使わなくても選んでいたかも知れない色となりましたが、予想外の色数に驚きました。それでも、何故そうなったのかを考えると、それもまた個性かな?と思えて楽しくなってきました。

キーケースは2018年6月中旬までに届くとのこと。完成品を手にするが待ち遠しいところです。

ペンジュラムを使えるようになることで、生活や考え方に良いヒントや気付きが得られるでしょう。勿論「何でもかんでも当てにしないこと」と「鵜呑みにしないこと」が大切です。ペンジュラムを良き友・良き相棒にして、心に彩りを添えてみませんか?


今回、キーケースなどを注文したお店はこちらです。

JOGGO(ジョッゴ)
https://joggo.me/