画面の色と印刷の色 仕組みが違うから色も違う

先日、私に「(その方自身で作った)印刷物が思ったような色に仕上がらなかった」と話しかけた方がありました。印刷も含めて私が携わったものでは無かったのですが「ちょっと聞いて」と嘆かれたのです。

「思ったような色」というのは、その方が所属する団体のイメージカラーのこと。パソコン上ではイメージ通りだった筈が、印刷されたものを見ると何か違う…と思ったのだそうです。

その方が持つ他の印刷物と比べても、確かに違う色でした。

その方曰く、印刷は同じ印刷会社にお願いし、データをPDFファイルで送っているため、印刷会社側のミスとは考えにくいとのこと。そこで、許可を得てPDFファイルにする前段階のデータを見させていただきました。

理由はすぐに分かりました。

その方は今回の印刷物を「RGB(色の3原色)」を元にして作成されていました。Red(赤)、Green(緑)、Blue(青)を混ぜて作るもので、「加法混色」とも呼ばれています。

RGBは主に、テレビのブラウン管やパソコンのディスプレイ、デジタルカメラなどで色を表現する際に使われる手法です。3色を混ぜ合わせると白になるのが大きな特徴です。

実際に印刷物を作る際には、「CMYK(絵具の3原色に黒を加えたもの)」を元にする必要があります。絵具の3原色は、Cyan(シアン)、Magenta(マゼンタ)、Yellow(イエロー)です。

RGBの「加法混色」に対して、CMYKによる混色は「減法混色」と呼びます。CMYの3色を混ぜると黒になるのですが、印刷においては、より発色を良くし、3色を節約するために黒(Key plate)も用いています。

ちなみに、CMYKの考え方は、家庭用のインクジェットプリンタや複合機でも用いられています。近年は6色インクの機械もありますが、基本はCMYKの4色となっています。

今回の印刷物は、本来、CMYKで作るべきだったのが設定ミスでRGBになり、イメージとは異なる色になったというものでした。PDFファイルでデータを提出したために、そのミスに気づかなかったそうです。

RGBで設定した色をCMYKに置き換える(その逆もある)ことは可能と言えば可能ですが、その通りに変換される保証は無いでしょう。

今回の色も元々はCMYKのC(シアン)とM(マゼンタ)だけで作られていたのに、RGBに変換されたことでG(緑)も混ざったのです。青と黄色の混色がGですから、黄色っぽくくすんだ仕上がりになるのも当然でした。

その方はこの先も印刷会社で印刷をお願いする案件があるとのことで、上記の注意事項もお伝えした上で、私も少しお手伝いをさせていただきました。それからはイメージ通りの色で仕上がり、その方も安堵されています。

色の作り方(表現方法)が変われば、実際の発色も変わります。中々気づきにくいことかも知れませんが、イメージ通りの仕上がりのためには大事なことと言えるでしょう。