【報告】印象力を上げるデザイン入門講座

デザイン入門講座開催のご報告

これまで、通信講座のキャリアカレッジジャパン(資格のキャリカレ)主催で「カラーセラピー入門ワークショップ」「数秘術ワークショップ」「終活入門講座」を行ってきましたが、昨日(2020年9月10日)は少し趣が異なる講座で講師を務めました。

今回の講座は、資格のキャリカレの魅力を発信する「キャリカレアンバサダー」の方を対象としたクローズドイベントで、標題にもある通り「デザイン」に焦点を合わせて行いました(そのため、当サイトでは案内を行いませんでした)。

参加募集をかけてすぐに、多くの方からお申し込みいただいたと聞き、デザインへの関心の高さが伝わってきました。当日ご参加いただいた方の表情からも、意欲も気合も十分という様子が伺えました。オンライン講座で、全国各地からご参加いただきました。

さて、今回の講座は、デザインのうち「文字」と「色」に注目し、形の選択や配置などをどのように行うと良いかを中心に展開いたしました。デザインひとつで印象が大きく変わることや、ちょっとした工夫で「プロの技」に近づけられることなどもお伝えしました。

【写真】文字が書かれたボードを持つ女性

ここで、講座の中から一例を取り上げてみます。連絡先が書かれた大きなボードを持っている女性の写真です。ボードは傾いているのですが、よく見ると、ボードとボード内の文字が平行になっていません。

実はボードに限らず、フレームや吹き出しなどでも「中の文字が平行でない」ケースが多く見られ、「素人っぽいデザイン」と思われることも珍しくありません。では、これを修正してみましょう。

【写真】文字を修正したボードを持つ女性

ボードとボード内の文字が平行になったことで、チグハグ感はなくなりました。女性が持つボードが傾いていても、文字は自然に見えることでしょう。

今回は、開業を目指す方や既に開業している方の参加が多く、本編終了後の質疑応答では「ブランディング」を踏まえての質問も多く寄せられました。私も「何となくのデザイン」から「一歩先を進んだもの」になればという想いで回答していきました。

また、開業は考えていないものの、SNSやブログなどのデザインを効果的にしたいという方にも、取り入れやすい考え方や技法をお伝えしました。講座終了後からTwitterを中心に、あたたかい感想が寄せられたのを見て、講座を行った意義を改めて感じるところです。

ご参加いただいた皆様、そして、講座開催に向けご尽力いただいた事務局に皆様に、この場をお借りして感謝申し上げます。

さて、質疑応答中に私が「●●●●についての講座があったら受けてみたいですか?」と尋ねたところ、半数以上の方が挙手で「はい」と答えていました。キャリカレアンバサダー対象ではありますが、「●●●●」とは何か、そして講座は実現するのか…ご注目いただければと思います。

そして、これまで実施した講座を含めたオープンイベントも開催されるかどうかも、ご注目いただければ幸いです。情報解禁となった時点で、当サイトでもお知らせいたします。