「ペンジュラムを持っているけど全く動かせなくて…」
講座の申し込み時点で、このように仰った方は意外と多いです。

「せっかく手にしたペンジュラムを動かせるようになれたら…」
そんな話は決して夢ではありません。
事実、受講生全員がペンジュラムを動かせるようになっています。

「カラーセラピスト講座」と名が付いても、
そこには確かな可能性が秘められています。

「胡散臭い」が真に迫る!?

ペンジュラム(振り子)で思い出されるのが「ダウジング」…古来から水脈や金脈を探るために使われた手法です。「コックリさんみたい」と言われることもありますが、一度体験すると、その凄さが分かるはずです。

使う色はほぼ無数

通常、カラーセラピーに使う色の数は、ツールシステムによって決まっていますが、ペンジュラムにかかるとほぼ無数。色見本集をパッと広げて使うことも出来ます。その一方で1色だけでも対応出来る優れものです。

幅広く応用出来る

ペンジュラムを動かせるようになると、カラーセラピー以外の場面でも使えるようになります。無くし物を見つけたり、物事の日程を決めたりなど。直球で答えが出るからこそ、頼もしい相棒となるのです。


受講時間は6時間で、その間に1時間の休憩をはさみます。

ペンジュラムカラーセラピスト講座は「受講料 + 教材費 + 送料 + 消費税」という枠組みとなっています。そこにどんなペンジュラムを加えるかによって、総額が変わってきます。詳しくは下のボタンからご確認をお願いいたします。(PDFファイルが開きます)。